2011春の薪窯 引き出し黒編

先日のGWの前半は薪窯を焚きました。
GW、ということもあって、大勢の方々が手伝いに来てくださいました。
ほんとうにありがとうございました。

今回の薪窯はリアルタイム更新はしませんでしたので、いくつかトピックスに分けて更新しようと思ってます。

薪窯を焚くごとに、ウチの主人は引き出し黒を入れます。
だから、窯詰めのときは、取り出しやすい所に入れないといけません。
e0132834_20314924.jpg


今回は朝8時にはじめました。
お客様に、窯焚きを手伝ってもらったり、お茶出しの手伝いをしていただいたりしたのですが、なんと、近所のワラビをとってもらったのです!
e0132834_20363843.jpg
これは天ぷらにしていただきました。

昼間は暖かかったのですが、この晩は真冬並みに寒くて、窯のそばから離れられませんでした。
で、私が薪をくべると、頑張ってるのになぜが温度が下がってしまう…。
飛距離(というのか?)が短いらしいですが……。

朝の3時過ぎに引き出し黒をしました。
窯から出たばかりの茶碗は暗闇で見ると幻想的です。
e0132834_20424497.jpg

このあと水の中に入れて急冷します。

出来上がった茶碗はなかなか良かったですが(写真忘れた…)、主人に言わせると、釉薬が溶けすぎもあったようです。
やはり難しいようです。
[PR]
by 104103tougei | 2011-05-13 20:46 | 薪窯 | Comments(0)
<< 2011春の薪窯 窯出し編 東海ウォーカーに載りました。 >>