カテゴリ:作品作り( 8 )

クリスマスリース

今年はこんなクリスマスリースを作りました。
e0132834_21303679.jpg

作りは簡単なのですが、実はなかなかの曲者なのです。。。


全体に織部釉を塗ったので、黒光りしてしまい、色をきれいにするために塩酸につけてみたのですが、今度は実に塗った赤い絵の具がとれてしまって、なんだか下の写真のように地味になってしまったのです。
e0132834_21392467.jpg



そこで、実は赤いアクリル絵の具を塗ってみたのが上の写真の作品です。
来年に向けて改良しないといけませんね…。
[PR]
by 104103tougei | 2013-12-13 21:42 | 作品作り | Comments(0)

抹茶茶碗作り

前回の記事に書いた安南の茶碗が焼きあがりました。
e0132834_16451133.jpg
本物はもう少し大きいのですが、そのままでは大き過ぎるので、一回り小さく作りました。

それでも、茶道をしている方に私の作った茶碗を見せると「大きいね」といわれてしまうんですよね。
いま茶道をやっているのは、女性が中心なので、茶道具が小さくなっていく傾向のようです。

先日お茶の教室で茶碗をみたら、今までの自分の作った茶碗が大き過ぎることがやっとわかりました…。
[PR]
by 104103tougei | 2009-05-23 16:56 | 作品作り | Comments(2)

安南の茶道具

先日、薪窯のときに焼いた作品を渡しに、とある方のお宅に伺いました。
その方から、沢山の安南の茶碗や香合を見せていただきました。
秋に私たち夫婦は、茶道具の作品展を予定しているので、大変勉強になりました。

早速、香合を作りましたが、大きすぎたり,裏側の削り方がおかしかったりして、苦戦しております…。
とにかく秋までに作品展が出来るように、いっぱい作らないといけないなぁ、と今から頑張る日々です。

e0132834_2211148.jpg
こちらは紅安南茶碗を移したものです。
徳川美術館に本物があるので、是非見たいものです。
[PR]
by 104103tougei | 2009-05-15 22:02 | 作品作り | Comments(2)

引き出し黒

先日主人が(引き出し黒)を焼きました。
(引き出し黒)とは、焼成中に窯から鉄鉤などで引き出したもので、殆どが抹茶茶碗です。
e0132834_1442742.jpg
こちらは焼成中の窯の中です。
e0132834_1443636.jpg
1150℃で茶碗を鉄鉤で取り出します。
e0132834_14462522.jpg
窯から出した直後です。これを水の中に入れて急冷します。
e0132834_14511046.jpg

e0132834_14514024.jpg
e0132834_14522911.jpg
こちらが出来上がりです。
[PR]
by 104103tougei | 2009-03-29 14:53 | 作品作り | Comments(0)

(鬼板)再び

主人がまた鬼板を取ってきましたが、「今回のはスゴイ!」と興奮してました。
e0132834_14103897.jpg

これはたくさんある中のほんの1つですが、前回採って来たものより確かに分厚いです。
可児市の久々利(くくり)というところで、採ったものだそうです。
ちなみに久々利というところは古窯群があるそうです。

ところで、私にはこの鬼板がケーキのように見えてしまいます…。
[PR]
by 104103tougei | 2009-02-24 14:00 | 作品作り | Comments(0)

こんなの掘って来ました

主人がこんなの掘って来ました。
e0132834_1152647.jpg

(鬼板)と言って、織部焼などに描かれる鉄絵に使う顔料に使います。粉末になったものしか見たことがなかったので、もとはこんな感じなのかと驚きました。本当に板状ですね。

その鬼板を掘りに行ったときに、こんなものも見つけました。
e0132834_1158135.jpg

この織部は徳利でしょうか。江戸時代初期のものになるのでしょうか、壊れずよくここまで残ってましたね~。筆の運びが見事で、主人は感激してました。
ここまで残っているものだと、売れば結構するかも!とのこと。なんか下世話ですが(笑)、それだけ貴重なものかも、ということです。作品作りの参考になるので、大事にとっておきますが。
[PR]
by 104103tougei | 2009-01-27 12:47 | 作品作り | Comments(0)

新年の初仕事

年末に、安南の湯飲みの注文を受けたので、正月返上で作りました。
e0132834_16361321.jpg

これにトンボの絵を描きました。
e0132834_1636562.jpg

トンボは(勝虫)といわれ、戦国武将のゲン担ぎに兜や着物の絵柄によく用いられました。
日本の茶人が安南(ベトナム)に注文して作らせた、といわれています。
絵がにじんでいるのが特徴です。

金曜に窯焚きします。
[PR]
by 104103tougei | 2009-01-07 16:43 | 作品作り | Comments(0)

移動はタイヘン

今、染付けの皿を製作しています。
生徒さんの作品とあわせて焼きたいので、多治見で絵を描いてから、名古屋の教室で焼こうと思い、車で持ってきました。
皿の絵はこれから焼き付けるので、重ねて皿を持ってくると、せっかくの絵付けが剥げてしまいます。そこで、こんな工夫をしてきました。
e0132834_1702443.jpg

絵付けししたばかりの状態をキープできるように、皿を板でサンドウィッチして、板はガムテープで固定してもってきました。
皿は全部で12枚なので、車のトランクは板に挟まれた皿でいっぱいでした…。
陶芸をする人にとって、車は必需品です。ガソリン代、これ以上上がってほしくないんだけどな。
[PR]
by 104103tougei | 2008-07-04 17:17 | 作品作り | Comments(2)