<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

グループ展

今週の火曜日から、名古屋・栄の(ノリタケギャラリー)でのグループ展に参加しています。
最近は日常雑器を作っていなかったので、久しぶりに作ってみたら、感覚を取り戻すのに苦労しました。
e0132834_1145196.jpg

こちらは昔から作っていたデザインの、陶器の器類です。近年ワンパターンになっていましたが、この制作を機に新しい展開が見えてきました。
e0132834_1172412.jpg

こちらは磁器を集めてみました。絵付け勉強を兼ねて、伝統的な絵柄にしています。陶器の作品と作風がかけ離れているので、もう少し近いものが作れるようになるといいのですが。

学校の同窓生が集まった作品展なので、みんなの作品を見て、話を聞いて刺激を受けました。
特に、子育て中の人はわずかな時間をぬってこまめに作っているようです。
私も言い訳しないで、こまめに作品作らないといけないですね~。

作品展は明日、6/1の午後4時までやってます。
ぜひ見に来てくださいね。
[PR]
by 104103tougei | 2008-05-31 13:49 | 作品展 | Comments(0)

マスコット!?

昔、母が作ってみたセラミックボウル
e0132834_1657672.jpg

セラミックボウルには、水を浄化する作用があるらしいのですが、なにせしろうと作りなので、その作用は定かではありません…。
主人が、それにだるまのようなペイントを施して焼いたものが、母や一部の生徒さんに好評で、実際にペイント・焼成してました。
それらを、教室前の花壇に飾ってみました。
e0132834_1764252.jpg
e0132834_1765699.jpg

実のところ、家族の評判はいまいちですし、生徒さんからは何のリアクションもありません…。私は気に入ってるんですけどね。
住宅街の目立たない場所にある、うちの教室の目印になるといいなあ、と思ってます。よろしくね。
[PR]
by 104103tougei | 2008-05-30 17:11 | 陶芸教室 | Comments(0)

憧れの 縁側

(薪窯作り 番外編)で出てきた、多治見の家のお客様が描いた湯呑みが出来上がりました。
e0132834_15585919.jpg

この廊下はうちの縁側です。今朝は多治見は雨で、湯呑みが廊下と同化してしまいました…。
ホントはもっときれいに水色がかっています。
e0132834_1613813.jpg
 
こんな感じの縁側です。ここでビール飲んで夕涼みしたり、日向ぼっこしたいな~。
[PR]
by 104103tougei | 2008-05-25 16:03 | 日常生活 | Comments(2)

大詰め

今私は大急ぎで作品作りをしています。
e0132834_13341875.jpg

私が卒業した愛知県立瀬戸窯業高校専攻科の同窓生が集まって、作品展をするのです。
GWを返上して、作品作りをしましたが、今回も時間ぎりぎりになってしまいました(涙)。
今回は共通のテーマがあって、“音のなるもの”を制作するのですが、とりあえず、それはなんとか完成しました…。
5/27から6/1まで、名古屋・栄のノリタケギャラリーで行います。
皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]
by 104103tougei | 2008-05-20 13:41 | 作品展 | Comments(2)

夏といえば…

やっぱりビールでしょう。
そんなわけで、夏になったらこんな企画を計画しています。
e0132834_14335374.jpg

わかりますかネ?ビアマグとお皿を試作してます。
夏休みには親子で来た方に向けてのキャンペーンをやってましたが、今年は大人向けの企画もやろうかと考えています。
来てくれた皆さんが、ちゃんと使ってもらえるように、もっと試作品作らなきゃ~…。
[PR]
by 104103tougei | 2008-05-13 14:40 | 陶芸教室 | Comments(5)

薪窯作り 7

GW中にも窯作りはやってました。大きさのイメージが湧いてきました。
e0132834_14431992.jpg

こちらは焼成室で、作品がここに入ります。意外に小さい部屋、という印象ですが、主人いわく「これで十分」だそうです。作品は重ねて焼くようです。確かに教室で使っている窯と比べると広いです。
e0132834_14463488.jpg

この小さい穴に、温度計が入ります。
e0132834_14485648.jpg

こちらは(捨て間)という部屋で、ここには作品は入りません。炎の回り(引きを良くする、と陶芸では言います。)を良くするための部屋です。
[PR]
by 104103tougei | 2008-05-10 14:52 | 薪窯 | Comments(0)