わんげる  ~器と仕覆の展覧会~

主人の安洞雅彦が、陶芸作家と布や染織の作家さんとのグループ展に出展します。
e0132834_17144876.jpg
どのようなグループ展かというと、酒器など器を仕覆(しふく・もともとは茶入など茶道具を入れる専用の袋)などに入れて持ち歩き、呑み屋など器を外に持ち出すことを進めていこうとする企画です。

私も見に行きたいけど行けるかな…。
今回は麻布十番のギャラリーなので…。
ちなみに、写真の人は今回のプロデューサーで出展者のひとりである山田浩之さんです。


わんげる ~器と仕覆の展覧会~
2015/2/18(水)~2015/3/2(月)
11:00~19:00 (最終日17:00まで)
*2/24(火)は休廊
Azabujuban Gallery

イベント 
*2015/2/18(水) 18:00~ オープニングパーティー 

*2015/2/21(土) 13:00~ 仕覆つくりワークショップ 
  インドネシア更紗などを使ったぐい呑み、湯呑用仕覆作り
自分で作った仕覆に作家のぐい呑みを入れて夜の街に繰り出しましょう。(DMより)
  ●参加費 3,000円 ●先着15名(材料等の準備のため予約制) ●講師:後藤絹代(仕覆)

参加作家 安洞雅彦(陶) 小孫哲太郎(陶) 小山忍(布) 中島完(陶&布)
     前川多仁(染織) やまだあやこ(布) 山田浩之(陶)


Azabujuban Gallery
東京都港区麻布十番1-7-2 エスポアール麻布102


[PR]
by 104103tougei | 2015-02-13 21:30 | 作品展
<< ひな人形できました。 作品展のお知らせ >>